October 2020

あなた次第

お金よりも気晴らしのためにギャンブルをしていますか?

次にカジノに足を踏み入れる時、少しの間、ポーカーテーブルやスロットマシンなどの周りを見渡してみてください。みんな楽しんでいるように見えますか?まるでお葬式に参列しているように見えますか? カジノの豪華絢爛な雰囲気、ダンスや音楽があふれる陽気な雰囲気の裏側には、お客を引き寄せるためのマーケティング戦略があります。人は楽しめば楽しむほど長居してくれるとカジノは考えています。これは全ての面で当たっています。考えてもみてください。どうして世界中のほぼ全てのカジノが破産もせず、それどころか日ごとに活気づいているのでしょうか?ギャンブラーがお金を失えば、カジノはお金を得ます。単純なロジックです。しかしながら、失ったお金について愚痴を言うか笑い飛ばして幸せそうにするかは、全てプレイヤー次第なのです! あなた次第! 質問の答えは単刀直入です。プレイヤーはカジノに足を踏み入れる度、これくらい勝ちたいというおおよその数字が頭にあります。しかし毎日が日曜日ではありません。勝てない日には、プレイヤーは愚痴るか楽しむかを決めなければならないのです。カジノに入る度に、全てのシチュエーションを熟考せずにはいられません。なぜなら、勝つより負ける方が多いのは普遍的な事実だからです。このセオリーがなければ、カジノは今頃倒産しているでしょう。しかしながら、勝ち目を変えて、それを自分に有利なように展開できる人々がいます。あなたもそういった1人になりたいと願っているかもしれません。 楽しみか儲けか ギャンブラーは次の3つのシナリオで儲けることができます。 初心者でビギナーズラックがある場合。ただし、この戦略は長くは続きません。 プロのギャンブラーでゲームを熟知している場合。 一日中プレイして、最終的にいくらか勝つ場合。ただし、これはトリッキーな戦略です。 この3つのどれにも全くあてはまらない場合、あなたは楽しみのためにカジノに来ているということになります。全員とはいいませんが、儲けているギャンブラーのほとんどは楽しみからは距離を置いています。一度楽しんでしまうと、ゲームに集中することができずミスにつながるからです。ひとつのつまらないミスによって、数千ドルも失ってしまうことがあります。そのため、お金のためにカジノに行く人たちは、楽しむことは避けるのです。 一方、たまにカジノに行く人たちは純粋に楽しみに行くのです。運が良ければいくらか勝てるでしょうが、運が悪くても動じません。彼らのギャンブルに対する態度は率直です。 結論 勝つことか楽しむことのどちらかを選ばなくてはならない時、その決定権はいつでもあなたの手の中にあります。楽しみたいなら、ジャックポットを当ててリッチになって家に帰ることは忘れましょう。でもお金のためにカジノに行くなら、ゲームに専念し、連勝することに集中しましょう。ゲームのコツをつかめば、調子に乗り過ぎずに楽しめるようになります。